LiSTA編集部

秋っぽいのに今すぐ着られる「レイヤード風ブラウス」10

まだまだ残暑が残る時期。それでも、ファッション事情は秋真っ盛り! 
さらに夏服もこの時期はマンネリ気味で新鮮味がないからこそ、
今すぐ着られて季節も先取りなレイヤード風ブラウスが大活躍!
どんなボトムとも合わせやすく、着こなしやすい10アイテムをピックアップしてお届けします。

views

まずはシンプル&着こなしやすい無地から!

まず最初に狙いたいのは、合わせやすい無地! 
パンツにスカート、ボトムはなんでも合わせやすいから、一つ持っているとかなり重宝するはず。
しかも重ね着しているように見えるのでコーディネートいらず。
バリエーションがある中から、黒やカーキ、白などの使いやすい定番色をご紹介します。

↑後ろ姿がレイヤード風のバックシャンなブラウス。
大人っぽく見えるシフォン素材に、前から見るとシンプルデザインだからオフィスやデートなど色々なシーンで使えます。
裾にかけて広がっているAラインなので、体型カバーもできるのが高ポイント!

↑シンプルな黒にレースタンクがINされたブラウスは、絶妙なMIX感がポイント。
さらにブラウス部分は、洗いがかかったようなマットな生地が特徴です。
これなら肌見せのドロップショルダーもセクシーすぎず、旬な着こなしが楽しめる!
程よくハリのある素材なので、体のラインが出ないのも魅力。

↑ハイネックのレース×大きく開いたスキッパー襟が特徴の重ね着風ブラウス。
肩が見える肌見せデザインも、白なら清潔感がキープできるのが魅力。
ボトムスはデニムならカジュアルMIXが楽しめて、
タイトスカートならエレガントな雰囲気が演出できる優秀トップス。
これなら、初秋に着倒せるマストなアイテムになりそう。

↑最大のポイントは袖口にデザインされた大きめリボン。
身頃はカットソー、袖部分はシャツ切り替えで、すっきりシンプルに着こなせます。
たっぷりとした袖も今ドキ感が演出できて、旬のコーディネートが作れるのが嬉しい。
ブラウスをINしても、OUTしてもどちらも着こなせるシルエットだから一枚あると重宝するハズ!

↑シワ加工されたナチュラル風の生地に、大きめレースの襟がクラシカル。
ウエストはシャーリングゴムなので、ボトムにINでもOUTでもOKなのが魅力。
さらに袖のキャンデースリーブがフェミニンな雰囲気。
合わせるボトムス次第で着こなしのテイストが変わるので、色々な着こなしが楽しめそう。


プリントもので着こなしのアクセントに!

一枚で主役になるプリントブラウスも、秋のはじめには見逃せない!
「今日はコーディネートを考える時間がない!」っていうときに重宝するから、
忙しい日にはもってこいのアイテムたちです。

↑ボタン使いの前開きブラウスにレースをINしたようなブラウス。
袖口のギャザー使い使いなどフェミニンなデザインに、キャンディチェックでカジュアルな雰囲気も。
シンプルなボトムもこれ一枚あればサマになるのが嬉しい。

↑よく見るとさりげないストライプ柄がポイント。
裾に同色のフリルをプラスして、一枚なのにレイヤード風の着こなしが楽しめるのが高ポイント。
気になる二の腕もすっきり見せられる七分袖が嬉しい。
素材は落ち感のあるキレイめタイプなので、通勤着などきちんとしたシーンにも使えます。

↑落ち着いた印象のチェックブラウス。
INにレースシャツを着たように見えるスクエアネックで、
トレンドのクラシックもブラウンも両方取り入れた着こなしが完成!
さらに袖のパフスリーブでフェミニンな印象もプラス。

↑メンズライクなストライプ柄にレースの組み合わせが新鮮!
すっきり見えるプリントに、肩やデコルテの華奢な部分を見せて
着やせするデザインなのも嬉しい。
裾は中央が長くなったラウンド型なので、ウエストINした時に背中が出にくいのもポイントです。

番外編!セパレートタイプのニットベスト付き3WAY

最後に、着まわし自在なセパレートタイプもご紹介。
1アイテム持っているだけで、着まわしがかなり効くのでお得感も。
ボトムやアウターを選ばないシンプルな組み合わせのアイテムを選べば冬まで着こなせます。

↑この秋のトレンド、ニットベストとブラウスのセット。
どちらも単体で着こなせるので3wayで活躍します。
ベストは両サイドと後ろにスリットが入った旬なデザイン。
手持ちのTシャツやワンピースとも合わせやすいのも魅力です。
ブラウスは、後ろが長くなったペプラム仕様で気になるヒップも隠れるのが高ポイント。

WRITTEN BY

LiSTA編集部

RECOMMEND
おすすめコンテンツ