Momoka

秋は色に注目! 《秋の王道カラー3色》をご紹介

「春夏ファッション」と「秋冬ファッション」の一番の違いといえばアイテムの《カラー》。
深い色味や、落ち着き感のあるカラーが人気になりますよね♪

今回はそんな秋の王道カラーをご紹介します。

views

【1】大人上品な雰囲気の《ベージュ》

出典:https/shop-list.com/

出典:https/shop-list.com/

こっくり深みカラーの中でも、人気で誰もが取り入れやすい《ベージュ》。
全身ベージュコーデもトレンド真っ只中。ヌーディでオシャレに決まるのに、しつこくない優秀な《ベージュ》。小物でアクセントつけてあげるのが、着こなすポイントです。

似合わない人がいないと言っても過言ではないような、使いやすい色味なのでぜひトライしてみてくださいね。

↑↑↑↑↑
カジュアルアイテムもブラウンで上品に。
デニムにもプリーツスカートにも合うので、テイストレスにお使いいただけます。

↑↑↑↑↑
細かいチェック柄で秋ムード満点。
海外セレブも《ベージュ・チェック柄》には注目しているようです。

↑↑↑↑↑
シンプルなアイテムだからこそ、こだわりたいのはシルエットの美しさ。首回りのカットがデコルテを綺麗に見せてくれますよ。

↑↑↑↑↑
オフィス服としても使いやすいトップス。
女性らしいふんわりとしたシルエットと上品なカラーで、コンサバになりすぎないのが嬉しい◎。

【2】おしゃれ上級者のあなたには《ブラウン》♡

出典:https/shop-list.com/

簡単そうで、少し難易度高めの《ブラウン》。
ベージュより大人っぽく、シックな秋カラー。
メイクもブラウン系にまとめてあげると、統一感がでてバランスがよくなります♡

ブラックよりも甘めの印象になるので、カジュアル派さんのイメチェンとして取り入れるのにもちょうどいいかも◎。

↑↑↑↑↑
薄手の羽織はもっておくと便利◎。
日中暑い日はインナーを薄着にして、さらっと羽織れるコンパクトなアウターを手持ちして。

↑↑↑↑↑
首元のギャザーがきちんと感を演出。
ふんわりとした丸い袖と、キュッと絞られている手首でスタイリングに緩急が。

↑↑↑↑↑
今年のトレンドである“ワンショルダー”は秋服にも取り入れて。
リブ素材で、ボディラインを綺麗に見せてくれますよ♪

↑↑↑↑↑
華やかな変形シルエットのトップスもブラウンなら派手すぎない。バルーン袖で今っぽく着こなせる一着。

《ブラウン》やベージュなど同系色カラーで合わせてもいいですが、少し単調すぎるので、ワンポイントで違うカラー持ってきたり、小物で柄物を合わせてあげるとまとまります♡

くすみカラーも相性抜群なので、シックやモードだけではなくフェニミンやエレガントな雰囲気にまとめてもも◎。

【3】大人レディな気分な時は《ボルドー》

出典:https/shop-list.com/

出典:https/shop-list.com/

こっくり深みカラーの色っぽいカラーは、《ボルドー》。
秋になると必ず注目されるカラーですよね。スタイリングに女性らしさをプラスしたいときや、秋のデートコーデに合わせてあげるとコーデが映えます!

深みがあるカラーなので、大人女子でも抵抗なく着こなせます♡

↑↑↑↑↑
深めのVネックが色っぽい♪
露出度は高めに見えますが、ボルドーカラーが大人の上品さをキープしてくれます。

↑↑↑↑↑
タートルネックでシーズンムードを高めて。
リブの縦ラインでスタイルアップの効果も◎。

↑↑↑↑↑
シャツでトラッドな印象に。
このバックルベルトの位置はずらせるので、お好きなアレンジで着こなしていただけます。

濃いカラーですが、どんなアイテムでも合わせやすい。デニムやワイドパンツ、フレアスカートなど秋のトレンドアイテムで合わせて、トレンドコーデもオススメです♡

《ボルドー》をコーデに入れた時は、赤リップでお揃いにしてみてくださいね!

こっくり深みカラーで秋満開コーデに♡

出典:https/shop-list.com/

秋の王道カラーで、雰囲気をがらりと変えてみてはいかがでしょうか?
ブラウンやベージュはオフィスにも使えるカラーなので、休日服にも通勤服としても◎。

こっくり深みカラーで、秋満開コーデにしましょう♡

RECOMMEND
おすすめコンテンツ