Momoka

【大人ピンク】でカジュアルリッチな甘めコーデ

「もうピンクは着れないな……」そう思っている方に朗報です♡
落ち着いていて、優雅なオトナめのピンクが、今再びブームに。

オトナ女子の皆さんだからこそ、取り入れてほしい《大人ピンク》。
ほどよい甘さと、清楚な雰囲気で、着回し力も抜群の大人ピンクアイテムをご紹介してきます。

views

《大人ピンク》はカラー選びを大切に♡

出典:https/shop-list.com/

出典:https/shop-list.com/

ピンクと言ってもいろいろ種類がありますが、《大人ピンク》は「ただのピンク」という訳ではないのです!

大人ピンクの代表は「プラムよりのピンク」だったり、「くすみピンク」などの落ち着いているピンク色のこと。ビビッドピンクなどの派手めなピンクは、雰囲気負けしてしまうという方にもしっくりくるはず♪

優雅でエレガンスな《大人ピンク》が、色っぽい甘さを演出してくれます♡

↑↑↑↑↑
攻めているデザイントップスも大人ピンクなら、奇抜すぎない♪
ペールピンクで優しい印象に。

↑↑↑↑↑
シンプルなシャツは、くすみピンクなら通勤服としても使えそうなきちんと感が◎。
デニムカラーとも相性がいいので、オフにもオンにも使いやすいアイテムです。

コーデに《大人ピンク》を取り入れる場合は、派手なピンクや柄物より「シンプルなアイテム」を選ぶのが大人の甘めコーデのポイント。控えめに見えつつ、《大人ピンク》で、さりげないおしゃれさをアピールしましょう!

筆者のオススメ 《ワンピース》で大人甘めコーデ

出典:https/shop-list.com/

出典:https/shop-list.com/

筆者オススメの《大人ピンク》コーデは、シフォンやプリーツワンピース。
《大人ピンク》にシフォン素材は相性抜群で、フェニミンで柔らかい甘い雰囲気にしてくれます。

シフォン素材は軽やかな素材なので、風が吹くたびにふんわり揺れるワンピースが魅力。男性からも人気が高いですよ♡ 露出は少なめの方が、落ち着いた大人な女性に◎。

↑↑↑↑↑
てろんとしたカジュアル素材をチョイスすれば、リゾートでも着たいリラックスコーデに。ミディアム丈〜ロング丈を選んで、大人のリッチさも忘れずに。

↑↑↑↑↑
襟付きワンピで、ご令嬢感をプラス。
彼ママに会うときなど、ちょっぴり“いい子”に見せたい日におすすめの一着です。

↑↑↑↑↑
ふんわりとした裾がフェミニンさを引き立てる。
甘くなりがちなワンピースも、大人ピンクを選べばほどよい引き算ができますよ。

《大人ピンク》と言ってもピンクなので、甘くなりすぎないようにレースやフリルが控えめなのもをチョイスしましょう。大人っぽくしたい方はブラックやブラウンのベルトで締めるのも◎。バックやサンダルでカジュアルダウンするのもオススメ。

秋冬のアウターも《大人ピンク》が注目されている♡

出典:https/shop-list.com/

出典:https/shop-list.com/

8月も終わり、気になるのは「秋冬アイテム」ですよね!

秋冬のアウターでも《大人ピンク》は昨年から注目されていて、今年も注目される予感♡
特に秋冬は真っ黒なコーデになりがちなので、《大人ピンク》で明るさを出してみては?

くすみピンクのファーコートや、トレンチコートも要チェックです♡

↑↑↑↑↑
辛口な印象になりがちなライダースも、大人ピンクならほどよい色気が。
今年トレンドのカフェラテコーデにプラスしてもかわいいですよ♪

↑↑↑↑↑
もこもこブルゾンは甘め好きさんに欠かせないアイテム。
チープに見えない色味で、綺麗めに着こなせます。

↑↑↑↑↑
シンプルなノーカラーのショートコート。
首回りがスッキリ見えるので、小顔に見える効果も期待できそう……♡

↑↑↑↑↑
どんなスタイリングでも邪魔をしないノーカラーブルゾン。
優しい色合いで、コーデをフェミニンにまとめてくれます。

↑↑↑↑↑
ふっくらとした襟周りでしっかり防寒。
ボディはスリムに作られているので、着ぶくれする心配もありません♪

秋冬はシックなメイクが流行するので全体的に暗くなりがちですが、《大人ピンク》のアウターを合わせることによって顔色も明るく見えます。クールなメイクに《大人ピンク》で、甘辛コーデもオススメです!

大人の甘さは《大人ピンク》で叶う♡

出典:https/shop-list.com/

歳を重ねると避けがちなピンクですが、ピンクの色味を間違えなければ、エレガントに着こなせる最強カラー。《大人ピンク》でクラシカルな大人甘めコーデは、老若男女人気があるのだとか♡

気になる方は、チェックしてみてくださいね!