ASUKA

他の子と一緒なんてイヤ! 秋冬まで使えて差がつく《3種》のロングスカート

今年の夏は、ミニスカートよりロングスカートが履きたい! だけれど周りを見わたすと「みんな同じような花柄スカートを履いてる……」ってことに気づきませんか? そう、今年は花柄スカートが大流行中。だからこそ、「他の子と一緒なんてイヤ! 一目おかれるコーデがしたい!」と思ってる子もいるはず。そこで今回はトレンドど真ん中をあえて外して、秋冬まで使えて印象に残る優秀なロングスカート3種類をご紹介します♡

views

悪目立ちしてないのに、印象にのこるロングスカート3種類

筆者は「自分、ありがちなコーデしてるな~」が最近の悩みです。

その悩みを解決するために、いつもは選ばないようなデザインのロングスカートを買いました! そして今さら気づいたんです。《履いている人がそこまでいないけど、実は秋冬まで使える優秀なロングスカート》ってたくさんある!ということに。

そこで今回は、着回せて印象にのこるロングスカート3種類をピックアップ♡

1.上品な雰囲気に。《サテンスカート》

サテン生地の独特なツヤ感が、他の子と差がつくポイント!
サテン生地のツヤ具合は生地によって結構変わるから、好みのツヤ感のものを見つけてみて。

普段着ているTシャツもサテンスカートとあわせることで、サテンのツヤ感がカジュアル差を軽減してくれて、いつもよりちょっと上品に見せてくれますよ♪

秋冬はコーデがニットなどの厚めでマットな生地や、暗めの色アイテムで重くなりがちだから、サテンのツヤ感で軽さをプラスしてあげるとグッとオシャレに♡

↓こんなアイテムがおすすめ♡

↑↑↑↑↑
ブラウンやベージュなら、サテン素材でも使いやすい♪ ヴィンテージゴールドのような、少しくすんだカラーがリッチな風合いを醸し出してくれます。

↑↑↑↑↑
柔らかな色合いでフェミニンに。
サテンの光沢によって、ロングスカートのプリーツに陰影ができ、流れるような軽やかさをプラス。

2.大人の色気をほんのりプラス。《スリット入りロングスカート》

ロングスカートは露出を抑えられるのがうれしいポイントではありますが、スリットで肌をちらっと見せるのも最高にセクシーですよね!

歩く度に垣間見える脚が、いつものコーデに色っぽさをプラスしてくれること間違いなし♡  ベーシックカラーやダークカラーを選べば、秋冬アイテムとの相性も◎。

筆者のおすすめは前にスリットがあるタイプ。ロングスカートだけどひざ丈・ミニスカート並みに露出するので野暮ったく見えない上に、スカートが歩く度にきれいに広がり、歩くのが楽しくなりますよ♪

↓こんなアイテムがおすすめ♡

↑↑↑↑↑
大胆な前スリットは定番カラーから挑戦してみて♪ フロントからチラリと見える脚は、意外と海外セレブのようなヘルシーさを感じさせてくれますよ♡

↑↑↑↑↑
後ろスリットは、スリットの大定番。タイトなロングスカートは歩きづらいので、実用性の面からもスリット入りをおすすめします♡

3.いつものコーデにパンチを。《原色ロングスカート》

夏空に映える原色のスカート。実は秋冬まで使える優れものってご存知でしたか?

原色ロングスカートのなかでも、おすすめしたいのは《原色のタイトスカート・プリントスカート》!  この2つの種類の原色ロングスカートは、派手カラーでも取り入れやすくておすすめです♡

シンプルで味気なくなってしまう夏服も、原色ロングスカートをあわせれば印象的なコーデへ早変わり。秋冬はニットや黒小物とあわせてシックに着こなしてみて。


↓こんなアイテムがおすすめ♡

↑↑↑↑↑
赤はボルドーが使いやすい! 脚のラインをカバーしてくれるタイトスカートはスタイルを良く見せるのに最適♡

↑↑↑↑↑
プリントスカートなら柔らかな素材だから、原色でも強めな印象になりにくい♪ レトロな印象にまとめて、60年代の女優さん風に着こなすのがいちおしです。

「いつもとちょっと違う」に挑戦する夏にしよう

夏休みでいつもより私服を着る機会が増える人も多いはず。
今年の夏は「いつもどおり・無難」で終わらせないで、【いつもとちょっと違う私】になってみて♪ 秋冬まで使えるデザインを選べば、長く着れてお買い得◎。

一生に一度しかない今年の夏休み。いつもとちょっと違う素敵なコーデで、思い出に残る日々を過ごしましょう♡