LiSTA編集部

ポイントを押さえれば簡単! 同系色コーデをマスターしましょ

トレンド女子なら、上下同じ色でそろえるのはオールブラックに限りません。
そして同系色コーデは秋冬だけでなく、これから先も続く予報アリ!
モノトーン以外はちょっと勇気がいる、上手く組み合わせられないという
お悩みを解決して、ひと足早くコーデのコツをマスターしましょう!

views

同系色コーデって難しい? コツは素材と色の絶妙な差にアリ!

全部同じ色味って着こなすのが難しそう……というイメージがある方も、
コツさえ分かれば簡単に挑戦できるのがホントの話!
ひとつは素材感に特徴のあるアイテムを取り入れること。
もうひとつは同系でも色あいに差をつけること。
つまり、明度や彩度、ニュアンスの違う
アイテム同士を合わせるのが正解!

【STEP①】落ち着いた雰囲気ならブラウンコーデから挑戦

https://shoplista.com/magazine-40/#magazine-40_07

まず挑戦するなら、ブラウンから始めるのがおすすめ。
落ち着いた雰囲気に仕上がるうえに、オールブラックほど重たくならないので、
優しい印象を与えてくれます。
シンプルなニットに、軽やかな動きのあるスカートを合わせれば、
同系色でもメリハリが出てくる!
こんな風に、素材感の組み合わせにこだわるのがコツなのです!

【STEP②】寒色で組み合わせれば洗練された印象に

次はパッと目をひく寒色コーデへ! 
洗練されたおしゃれ上級者に見せたいのならこの色です。
グレージュに近い薄めのブルーと、ターコイズブルーを組み合わせてみて。
今回はプリーツスカートの光沢感ある素材をアクセントに!
SHOPLISTで組み合わせるならこちら!↓

【STEP③】女子ウケ間違いナシ! あざとすぎないピンクコーデ

やりすぎにならないか心配のピンクコーデも、女子ウケ抜群にしたい!
シックなダスティピンクやラベンダーに近いピンクを選べば、あざとさを回避できます!
また、定番冬物ピンクのボアプルオーバーとすっきりとしたボトムス合わせが、モコモコ×タイトでバランス◎
もう少し辛口にしたければパープルボトムスにしてみても、同系色コーデを保ったままで解決!

SHOPLISTで組み合わせるならこちら!↓

WRITTEN BY

LiSTA編集部