LiSTA編集部

2着目からは【きれい色アウター】が使える!

寒くなるにつれ、洋服の色もどんどん暗くなりがち。
特に今年はトレンドのブラウンコーデにひっ張られて、
気がつくと例年以上に地味色アイテムばかりが増えていた!
なんて声もちらほら。
そんなときこそ、羽織るだけで気分を変えられる
きれい色アウターの出番です!

views

おしゃれ見えを狙うならGreen

コーディネートになじみやすい淡い色合いから
存在感のあるこっくりした色合いまでバリエーションが豊富。
どのグリーンでも個性的になりすぎないのに、
不思議とおしゃれ上級者に見せてくれる優秀カラーです。

↑カジュアルなイメージが強いダウンジャケットも
さわやかな淡いグリーンとコンパクトなシルエットなら女性らしく着こなせます。
ロングスカートやワイドパンツなど丈の長いボトムスとも好相性!

↑バサッとラフに羽織るだけで決まるガウンコート。
大きめのフーディつきで、大人かわいいスタイルをつくります。
シンプルだから甘めにも、辛めにも振れて、着回し力も抜群。

↑インパクト大!のシャギーブルゾン。
ニット+ボトムのワンツーコーデになりやすい今こそ取り入れたい。
中綿キルティングで見た目通りのあたたかさ。

大人っぽさに定評のあるBlue

コーディネートに華やかさをプラスしながら
落ち着きのある大人っぽい雰囲気をまとえるのがブルー。

↑特徴的な大きな襟はボタンをすべて閉めて、
スタンドカラーにするとさらにハンサムな印象。
きれい色アウターって、通勤服には向いていないと思われがちだけど
こんな清潔感のある色合いとシルエットなら、今すぐ通勤のお供に加えたい!

↑ネイビーやベージュが多いダッフルコートもきれい色だと新鮮!
好印象はキープしながら、周りと差のつくおしゃれが楽しめます。

↑モコモコした愛らしいシルエットのボアブルゾンも
ブルーだと甘くなりすぎず着られます。
大きめの襟で小顔効果にも期待!

意外な着やすさに驚き!Yellow

いくらなんでもイエローはやりすぎ…?
と思ったら、想像以上にハマりやすいダークホース!

↑リバーシブルで着られるボアノーカラーコート。
白ニット×白スカートの甘い雰囲気に
チアフルなイエローが加わって、こなれた印象に。
スエードの方を表にすると、よりマイルドなイエローになるので
最初はスエードの方で目を慣らしていくのもおすすめ。

↑圧倒的に使いやすいんだけど、正直もう着飽きた感じも否めないチェスターコート。
そういうときこそ、色を変えるだけで激的に鮮度が蘇ります。
サイドに深いスリットが入っているから、
中に着たベーシックカラーをチラ見せすることで色の主張も和らぎます。

↑イエローの中でもほんのりくすんだマスタードなら肌なじみがよく、さらに着やすい!
フーディーがホワイトとの配色になっているように、
オールマスタードになっていないところも着やすいポイント。

WRITTEN BY

LiSTA編集部

RECOMMEND
おすすめコンテンツ