RUNA

シンプルに着回しの効く「タートルネック」厳選12選

デニムにタックインしてメインとしても、インナーとしてコーディネートの差し色にもなる。様々なアイテムと組み合わせて楽しめる「タートルネック」デザインのアイテムを12点ピックアップ。今回はカラー別に、着回しのきくシンプルなデザインの「トップス」や「ワンピース」をメインにご紹介していきます。

views

秋の「ホワイト」はなんだか儚げ。

秋の柔らかい日差しに当たる「白」って、なんだか儚い印象に映ります。だからこそ深みのあるリップとのギャップが、とてもロマンティック。ふんわりとしたカラーはタートルネックとも相性抜群。軽やかなスタイリングに見える魔法のカラーです。

↑↑↑↑↑
ざっくりワッフル生地の厚みにゆるっとしたタートルのシルエットが、スニーカーを合わせてもカジュアルになりすぎないレディなデザイン。雰囲気を変えた着回しが楽しめるワンピースです。

↑↑↑↑↑
ゆったりしたボディラインを拾いすぎない絶妙なルーズ感が◎。ジャケットを一枚羽織るだけでもかわいい。

↑↑↑↑↑
トレンドライクなワンショルダーのカッティングが目を惹き、一枚でメインに着こなしたいアイテム♡

寒空の下、温度のある「ベージュ」で優しげに。

暖かみのあるベージュと顔周りを秘める「タートルネック」の組み合わせって、女性の持つ柔らかい雰囲気を引き立ててくれる最高の組み合わせ。華奢なゴールドやシルバーのアクセサリーがベージュカラーの服に馴染んで、秋の柔らかい日差しを受けてキラッと光るのも、最高にレディ。

↑↑↑↑↑
ベビーネックのトップスと、タイトミニスカートのセットアップ。細かいリブがIラインを綺麗に魅せ、トップスのワイドスリーブのゆるっとした感じとタイトスカートとのメリハリがGOOD。

↑↑↑↑↑
しっかり厚みのあるネックに、細く入ったリブが品のある印象に。シャツワンピースなどのインナーに合わせていただくスタイリングもオススメです♡

↑↑↑↑↑
タックインしてもアウトにしても決まる丈感で、アイテムを選ばないシンプルなシルエットなので様々な着こなしが楽しめます。

「黒」は素材の質感とシルエットで印象が一変

凛としたブラックカラーも、ゆるっとしたニットだとスニーカーを合わせたりして、モードさを少しカカジュアルダウンして黒の持つイメージを変えて楽しむことができますよね。

↑↑↑↑↑
たっぷりボリュームのある袖も黒だと甘くなりすぎません。レザーのワイドパンツやデニムをブーツインした着こなしなど、とことんハンサムなスタイリングもオススメです。

↑↑↑↑↑
ざっくりと開いたバックスタイルが魅力的。キャミソールワンピースの上に一枚重ねたり、ハイウエストのスキニーに合わせて少し肌を見せるのも素敵。

↑↑↑↑↑
ディナーの時など、コートやジャケットを脱いだ時ノースリブで大胆に腕を出す、肌見せのギャップがかっこいい。今季トレンドのポンチョコートのインナーにもオススメです♡

トレンドカラーこそ極めたい「 ブラウン」

街に溢れ、目を惹くトレンドカラーこそ自分らしく着こなしたい。ブラウンの人気はもはやベージュと同様、女性のマストカラーに。

↑↑↑↑↑
ふわんとした素材のワンピース。ウエストのリボンがシルエットを引き立てます。ロング丈にロングブーツを合わせて脚を秘める今季らしいスタイリングもオススメです。

↑↑↑↑↑
今季トレンドの「ポンチョ」タイプのニットトップス。シャツワンピースの上に重ねて、ワイドパンツを覗かせてダボっとハンサムに着こなすスタイリングにも◎。

↑↑↑↑↑
ゆるっとしたシルエットながらもショート丈って、最高にスタイルを美しく魅せてくれる王道バランスですよね。ぜひハイウエストのボトムと合わせて欲しいアイテムです。

タートルネックでどんな私になる?

「タートルネック」はカラーやシルエットでさまざな雰囲気に変化します。
色々な組み合わせをして、たくさん着回したいアイテムだからこそ、演出したいイメージを楽しめるアイテムに出会いたい。あなたの演出したい自分はどんな自分ですか?
ぜひこの秋冬はタートルネックで憧れの私に出会ってみて。